麻は太古の人からも愛されていた

大麻(たいま)と聞くとどんなものを思い浮かべますか。
ある程度、固定されたイメージがあることと思いますが、別名「おおあさ」といい、英語では「ヘンプ」と呼ばれています。
これはアサ科の一年草です。
種子は主に、食品として麻の実を豆腐やパスタなどに入れたり、オイルはクッキングオイルとして使われています。
製品表示をよく見ると意外な発見があることでしょう。
また石鹸や化粧品やシャンプーやマッサージオイル、ペンキにも使用されています。
茎と枝の部分はペットボトルや紙や洋服や不燃ボードやアルコール燃料などになり、葉は土壌活性化の肥料になり、根は麻根茶という漢方茶に使われています。
そして茎や花の部分はボールやワインやお茶になっていて、医薬品にも使われているのです。
この医薬品ですが、緑内障・喘息・鬱病・食欲減退などの医療分野で活躍しています。
その他には、伊勢神宮大麻、神社しめ縄・鈴縄、結納式の友白髪、お盆の迎え火、弓弦、花火の火薬、蚊帳、凧上げ糸などに使われています。
忘れないでほしいのが大麻(ヘンプ)は、使い方を間違えれば危険性のある物質になるということです。
プラスの面とマイナスの面を持っているということですね。
くれぐれも注意してください。
古来から麻は日本人の身近にあった植物でした。
そして魔除けや厄除けの効果があるといわれています。
知っていましたか、新石器時代から使われていたのですよ。
有名なのが福井県遺跡から発掘された縄文早期のもの、静岡県登呂からは弥生後期の織物が発掘されています。
結構、古い時代から生活の中に根付いていたことになりますね。
麻布で作られた服やふんどし、麻の鼻緒の下駄や畳などもあるのです。
麻は電気を通しにくいという性質があるので、雷よけとして活用されていたのでしょう。
また縁起がよいものだとされ、人生の大イベントで活躍してきました。
赤ちゃんのへその緒を麻糸で切ったり、結婚式で夫婦の髪の毛を麻糸で結ぶなどの風習があるのです。
また麻の葉の模様の威勢のよさから、子供がすくすく育つようにと好まれています。
意外なことに大相撲の横綱の化粧まわしなども麻なんですよ。
そのため現代でも麻を身につけることが流行っています。
人気があるのが麻ブレスレットです。
自分でオリジナルグッズを作ってみるのも楽しいかもしれませんね。
魔除けや厄除け、頭脳明晰になりたい、DNAの活性化、開運、子孫繁栄、商売繁盛、事業発展などを望む方は1度ためしてみてはどうでしょうか。
ネガティブな気持ちになっているときは、どんどんネガティブになってしまうものです。
運気の流れを変えたいならば麻の力を借りましょう。
昔の人々が日常的に使い、縁起がよいとしていたものです。
持っているだけでも気持ちが楽になることでしょう。
ネガティブなエネルギー(闇)をはねのけて、眠っている潜在能力を呼び起こし、愛と感謝のエネルギーを受け取り、ポジティブなエネルギー(光)に変えてくれるはずですよ。

大麻(ヘンプ)でエコで健康な生活を

今、私たちが日々着ていたり、身の回りにある衣類や布類は様々な素材でできています。
カラフルなものもあれば、軽くて汗を蒸発させてくれるようなもの、逆に冬場には熱が外に出てしまわないよう保温効果のあるもの、洗っても伸び縮みしにくく、すぐ乾くものなど、生活や季節、用途などによって最適な衣類や布類がたくさん登場しています。
過度なエアコンや暖房などを使わなくても、このような素晴らしい衣類だけで過ごすこともできるようになり、限りある資源を大切にすること、そしてエコ生活をすることであらゆるものの有難みを感じることもできます。
今、日本では綿が主流ですが、麻の普及もにわかに増えています。
特にエコ生活をしている方は進んで麻製品を使う人が多いようですね。
麻は見た目のシンプルさやナチュラルな色もさることながら、通気性がよく、夏は涼しく着られることから、特に夏に重宝されているようです。
しかし、麻の中でも大麻(ヘンプ)を使った衣類は、夏の涼しさだけでなく、冬は暖かいということで、古来からとても重宝されてきました。
大麻(ヘンプ)は、桑科で、成長がとても早く、しかも放っておけばどんどん伸びるというくらい、生育力の高い植物です。
さらに大麻(ヘンプ)を栽培した土地は、土壌も大麻(ヘンプ)によりキレイになることが確認されており、環境問題を世界でも最も早く考え、推進しているヨーロッパを中心に広く栽培されています。
日本でも栃木が大麻(ヘンプ)の生産量日本一で、様々な衣類や布製品に用いられています。
古代の日本では、神に捧げるものとして珍重され、また、神が宿るともいわれるとても神聖な植物でした。
主に天皇や皇室が使っていましたが、今でも神社に飾られていたり収められているしめ縄には大麻(ヘンプ)が使われているなど、今でも神聖なものと考えられています。
同じように、古代エジプトではミイラの身体を全身巻く布に大麻(ヘンプ)が使われていたことが分かっています。
位の上の人が使うものであること、そしてその高い品質を古代の人が早くから知っていて、とても大切に使っていたことが分かっています。
ミイラが今も私たちが目にすることができるのは、まさに大麻(ヘンプ)のおかげといっても過言ではありません。
このように、大麻(ヘンプ)はエコロジーで私たちの生活にもとても役立っているものです。
最近では、大量の農薬によって栽培される綿製品によるアレルギー反応を起こす人が増えているため、完全農薬ゼロで栽培できる大麻(ヘンプ)の衣類を専門に扱っているお店も増えてきましたし、ニーズも高まっています。
通気性と保温性の両方を兼ね合わせているので、主に下着やTシャツなどによく使われていますが、その触り心地、肌触りは一度体験するとやみつきになってしまうほど気持ちいいため、リピーターが後を絶たないともいわれています。
アトピーに悩んでいる方や、まだ皮膚の弱い小さなお子様にもおススメです。

大麻の話

大麻の話と聞いて、ドキっとした方も多いのではないでしょうか。
「芸能界の大麻汚染」とか、「ミュージシャンがマリファナで逮捕」、
といった週刊誌の記事が連想されがちです。
表題は「オオアサ」と読んで頂くのですが、
非合法な利用についてではなく、古来から健全に用いられてきた、
有益な大麻利用がテーマです。
ロゼッタストーンと並び、大英博物館の目玉展示物として知られる、
エジプトのミイラを思い浮かべてみましょう。
このミイラ達が包まれている布、これが大麻です。
英名をヘンプと言います。
エジプトのナイル河流域や、チグリスユーフラテス河に沿った土地では、
紀元前1万年前から大麻が自生したり、栽培されていたようです。
紀元前5千年まえには既に、エジプト人が着用した衣服の原料になったり、
編んでロープを作ったりもしています。
エジプトのミイラを包む衣が数千年を経た現代でも、立派に布地としての形を、
完全にとどめていることにまず、現代人は驚いてしまいます。
麻で作った布地は、吸水性に優れていると同時に、湿気を放ち乾燥状態を保つ性質も備えています。
現代を生きる私達も、暑い夏が来ると涼しげな麻の洋服が恋しくなります。
サラっとした麻布は、自ら乾燥状態を作り出せる非常に優れた性質を持っているのです。
この機能が数千年を経ても、劣化が少ないミイラの衣の謎をとく鍵でもあります。
日本でも、大麻は古くから生活とともにありました。
縄文時代の遺跡からも出土していますし、弥生文化を今に伝える、
静岡県の登呂遺跡からも麻布が出ています。
これらの時代から既に麻の衣類の着用が確認され、そのほかにも、
ゲタのような履物の鼻緒として、また夏場には麻製の蚊帳を作り、
虫除けをして生活していたことが分かっています。
また麻は電気を通しにくいという性質があります。
原始的な生活を営んでいた時代、人間の暮らしは天候の影響を大きく受けました。
人々はいつの頃からか、麻の衣類を着ていると雷に打たれにくいという事実を学んだのでしょう。
雷から命を守るためにも重宝されていたようです。
このような有益性に富んだ植物である麻は、神秘的な植物として、
神聖な場の道具などにも用いられるようになりました。
日本の神話に、天照大神の天岩戸隠れがあります。
素盞鳴尊が暴れ回ったために、天照大神はヘソを曲げて、
天岩戸に隠れてしまいました。
このせいで、光が奪われ世界中が真っ暗闇になってしまったという話です。
天照大神のご機嫌をとるために、天太玉命がキレイな勾玉を、
沢山飾り付けたのが大麻なのです。
神道ではこの大麻を神聖視しているところがあります。
日本人の心の故郷、伊勢神宮では紙で作るようになる以前は、
お札作りにはこの大麻が用いられていました。
また戦後の占領期に大麻取締法が制定される前の日本では、
大麻を原料として、喘息やアレルギー痛み止めなどに効く漢方薬が製造されていました。
健全に利用されることで実に優れた薬効を持つ植物であることが、
お分かりいただけたと思います。

身近なヘンプ製品の素晴らしさ

大麻(ヘンプ)の幹から採れる繊維には、UVカット機能・消臭機能・制菌作用があります。
特に注目されているのが制菌作用で、綿と比較するとまったくの桁違いで10倍、100倍といった、菌を殺す作用があるのです。
しかも、その繊維で出来た布を洗濯しても、その性能は保たれてれます。
制菌作用のある天然繊維としては、これ以上ものないのではないでしょうか。
そして、ヘンプ繊維の欠点であったゴワゴワ感、これも加工技術の進歩により一部では解消されているようです。
繊維の太さは10~50μmと十分細いとはいえないのですが、ヘンプ繊維100%の製品に触ってみると、意外にも手触りがよくあまりゴワゴワ感がありません。
衣類には他の繊維と混ぜて使われるのですが、こちらはまったくゴワゴワしていないのです。
一般市場で店頭販売されている麻製品を触ってみると、それがよく分かるでしょう。
一昔前とは違うのです。
ゴワゴワ感が薄らいだためでしょうか、布団綿が販売されています。
ヘンプ30%にアッサム硬綿70%の製品で、見るからにフンワリしており、硬いゴワゴワ感はまったく感じられません。
また100%ヘンプの製品も販売されています。
100%となると、流石に若干の繊維の太さが写真からも感じられますが、逆にその分メリットは増すでしょう。
制菌作用は増加しますし、消臭効果も増え、またヘンプ繊維は無数の小さな穴があるため、非常に軽くなる筈です。
繊維が柔らかくなると、使いたくなるのが肌に密着する衣類ですね。
肌着、下着、靴下、これらは既に販売されており、人気は上々のようです。
夏になれば水虫の心配がありますから、靴下は特に欲しくなるでしょうね。
しかし、やはり100%ヘンプではなく、他の繊維と混ぜられています。
これを制菌作用が劣っていると否定的に見る必要はないでしょう。
何故なら、綿の10~100倍もあるのですから、10%でも十分だからです。
もし、靴下を履かないのなら夏向けサンダルもあります。
インナーソールが100%ヘンプからできているため、足の雑菌を気にすることはなくなるでしょう。
この商品、とても売れているようで、楽天ランキング市場の総合一位を獲得しているのです。
もしかしたら、ヘンプが市場を独占し始めているのかもしれません。
しかし、これらの製品の原材料であるヘンプは輸入品であると聞きます。
実際、原材料を販売しているウェブサイトでは、○○産ヘンプ等と記載しているところもあるのです。
ヘンプは多少の荒地であっても、農薬入らずで成育ができ、生産が容易なのです。
制菌作用が強いので、病気になったといった話はまず聞きません。
虫に食われることもありますが、しかし食われるのは葉の部分だけで、農家が必要としている幹は食べられないのです。
育成が容易で、しかも育てられる遊休地を抱える日本で、コスをかけてわざわざ輸入するのは不合理だとは思いませんか。
今はヘンプ製品はすべてが安いとは言えません。
ですが日本で大量生産すれば、そのコストも変わってくる筈です。

麻という素材の正しい認識と様々な用途

普段何気なく手にしている様々な麻製品ですが、その歴史はとても古く、紀元前1万年ごろエジプトでは既に麻が栽培されており、BC5千年には衣料として身に付けられていました。
麻製品の良さを潰してしまっているのが、世間で大麻は麻薬としての危険性のあるダークなイメージがついてしまっている点です。
これは非常に残念な事で、日本でも第2次世界大戦の前までは各地で普通に栽培されていました。
その用途は幅広く衣服や燃料、紙として生活に密接したして用いられてきました。
他にも神事の際や各地域の民芸品として使われたり、夏の風物詩の花火の炭にも着火性が良い事から麻炭が使われています。
しかし戦後に石油化学繊維の衣服が大半を占めていき、大麻取締法が制定された事で、収縮していきました。
しかし、今でも麻の衣服はシワにはなりやすいですが、吸湿性と放湿性が体にくっついたり、むれたりしないのでさらっとした着心地で風通しも良いので、高温多湿の日本の夏を過ごすのに着るにはピッタリの素材です。
また麻で編み込んだブレスレットやストラップも強くて丈夫ですし、自分で好きなビーズなどと組み合わせて作る事も比較的簡単ですし、麻を身に付けると魔除け、厄除け、海運の効果も期待できるとあって若い人を中心に人気があります。
麻製品の選択についてですが麻の繊維は、リネンとラミーと2種類存在します。
2つを比べるとリネンの方が柔らかいですが、基本的には選択の方法は同じと考えて良いです。
触った手触りでも解ると思いますが、強く固い繊維なので洗濯には弱アルカリがベストなので炭酸塩入り石鹸を使い、洗濯機ではなくなるべく手洗いで洗うようにします。
手洗いの仕方も固いからといってゴシゴシとは洗わず丁寧に行います。
そうしないと繊維が折れてしまったり、毛羽立ったりしてしまいます。
脱水もシワになるのであまりお勧めしません。
アイロンをかける時は高めの200℃くらいに設定し裏地からかけると綺麗に仕上がります。
他では日本では大麻取締法で厳しく取り締われている為にあまり認知度がありませんが、大麻に含まれているカンナビノイドという成分は今世界各国で治療に役立つ事が認知されており医療現場で利用されてきています。
痛みの緩和に効果があり実際に治療に使われている国もあります。
正しい知識を持った医師が病院の管理の下、難病で苦しんでいる患者さんに有効な使われ方をする事が広まっていけば、日本国民に植え付けられた一辺倒なダークなイメージを変える事が出来ると思います。
日本でも免許を取得すれば栽培する事が出来ます。
トチギシロという種類はテトラヒドロカンナビノールという陶酔の原因になる成分が0・3%程度と低く、薬物として利用されることはない種類もあります。
現在はまだ風当たりも強い世の中ですが少しずつ正しい知識が広まって行き、大麻(ヘンプ)イコール麻薬という固定観念が消えていってくれればと思います。

オランダ屋では薬の個人輸入をやってます

インフルエンザやノロウイルスなど、恐い流行り病はいつになっても存在するものです。
今まで聞いた事のない病気でも、ある日突然あなたの身に襲い掛かるかもしれません。
そんな時はまず病院へ行くと思いますが、広く猛威を振っている流行り病だった場合、薬が足りなくなってしまったり、待ち時間が長すぎて診てもらえないということもあるかと思います。
そもそも、伝染病にかかってから体調の悪い状態で病院へ行くのは、付き添ってくれる家族がいなければなかなかできません。
そんな時、病院へ出向かなくても必要な薬が手に入れる方法があれば、それはとても心強いのではないでしょうか。
個人輸入代行サービスを行うオランダ屋は、海外で販売されている医薬品を個人で輸入する手続きを代わりに行ってくれます。
海外からということで、たとえ国内で一時的に必要な医薬品が不足したとしても、問題なく取り寄せることができるのです。
もちろん、どんな薬でも購入できるわけではありませんが、オランダ屋は医薬品業界に精通しており、可能ならば必要な医薬品を購入できるように素早く対応してくれます。

ですから、何か流行り病が心配になった時はのぞいて見るという習慣を身につけておけば、いざという時も助けになるかもしれません。
また、オランダ屋では検査キットも扱っており、伝染病などにかかったおそれがある時に、それが本当にその伝染病なのか自分で調べることができます。
病院へ行くべきかどうか判断に困った時でも、自分で判断できればムダに悩む必要はありません。
ただの風邪だと思って病院へ行かないでいたら、どんどん症状が悪化して別の病気だとわかり、結局救急車を呼ぶ破目になったという事になれば大変です。
検査キットで調べられるということを覚えておき、いざという時には注文して調べるようにしましょう。
個人輸入代行サービスと聞くと、どんなものかイメージがわかないかもしれませんが、個人輸入の手続きを代行してくれるというのは裏方の仕事で、サービスを利用する私たちからしてみれば一般的なネット通販と変わりません。

サイトに行くと症状によってカテゴリで分けされているので、目的の薬をすぐに見つけることができるかと思います。
後は欲しい商品と数を決め、銀行振り込みかクレジットカードで決済するだけです。

たくさんまとめ買いすれば割引されるので、長期の治療が必要な場合や、短期間でたくさん使う可能性がある薬はまとめ買いがお得です。
購入数は消費期限内に使いきれる常識的な量が決められていますから、買いすぎて無駄にしてしまうという事もないでしょう。
ネットから注文できるのでネット環境さえあればいつでもどこでも注文できますし、商品は最短3日ほどで家まで届けてくれるので、忙しい方でも治療を後回しにしなくても済みます。
健康は何よりも大切なものですから、自分の健康は自分で守るよう心がけて、こういったサービスもぜひ活用してみて下さい。

関連サイト

1・オランダ屋
オランダ屋について上手にまとめられているサイトです、当サイトもこちらのサイトより一部参考にさせていただいております。